« 2015 GWの旅⑭ | トップページ | 2015 GWの旅⑯ »

2015年6月 2日 (火)

2015 GWの旅⑮

2011年に最後のミッションを終え、その状態のまま展示されているAtrantis。

スペースシャトル計画の一番最後はアトランティス号が飛行、累計33回飛行して退役しました。

 

6機製造されたスペースシャトルで現存するのは4機。(実際飛行したのは3機)

ココに展示されているシャトルの他にそれぞれU.S.の選ばれた都市に保管(展示)されています。

Enterprise(実験機)・・・New York

Discovery・・・Washington D.C.

         向井さん、若田さん、野口さん、星出さん、山崎さんが搭乗

Endeavour・・・Los Angels

         毛利さん、若田さん、土井さん、が搭乗

ご存知のとおり、Colombia(向井さん、土井さんが搭乗)/Challengerは事故で尊い命と共に失われました。

そう、Atrantisは現存する唯一日本人が搭乗していないシャトルですcoldsweats01

 

余談ですが、順番にDiscoveryが最後の任務、Los Angelsへ出発する際には

ゆ~~っくり低空で飛行し、長くベースにしていたFloridaの地に最後の別れを告げたそうです。

192602 192601

この姿、一度は生で見てみたかったな~(写真はネットから拝借しています)

 

Dscf5333

Dscf5338

こうやって見ると、実はたくさんの耐熱パネルが貼り付けられていることが分かります。

耐熱タイルの修理には187人が関わっており、小さなキズを発見すると、歯科用ドリルを用いて穴を開け、

詰め物をして硬化させてから磨くので、一つの修理には約3時間かかり、約2カ月かけて修理したそうです。

 

しつこいと思いますがcoldsweats01たくさんの写真を載せます。

Dscf5343

Dscf5364

全長37㍍、幅は23.7㍍

約14トンの輸送能力があり、ISS(国際宇宙ステーション)建築に大きな役割を果たしました。

Cimg2542

Dscf5370_2

3基のSpace Shuttle Main Engine(Rocketdyne社製)と2基の軌道操縦システム。

打ち上げ時の映像を見るとものすごい煙のようなものが一面に広がりますが、あれは殆どが水蒸気。

エンジンの反響音によるシャトル本体の損傷を防ぐためのもので、

約41秒でタンクに蓄えられた1,100㌧の水の全てをシャトル下に放水します。

Dscf5373

Dscf5375

Dscf5378

下から見るとマンタみたい(笑)

機体の裏側は大気圏突入時の衝撃がそのまま残されています。

Dscf5390

宇宙へ行って戻ってきた(33回もsign03)機体を眺め、宇宙への想いを馳せてみる・・・

今まで感じたことのない感動というか、胸が熱くなる想いでいっぱいでしたsign01

 

他にも様々な展示があります。

Dscf5353 Dscf5354

ロボットアームの捜査を体験出来るコーナー。

Dscf5356

Dscf5359

(随分簡素だけど)コックピットの広さを体験出来るコーナー。

Dscf5381

ISS(国際宇宙ステーション)の広さを実感出来るコーナー。

Dscf5383 Dscf5391

シャトルが地上に降下する時の角度を体験出来るコーナー。

角度は22度、私たちが乗る飛行機の降下角度は3度なので、どれだけ急角度で着陸するかを

身を持って体験することが出来ます。

 

展示もいろいろ。

Dscf5388

NASAがミッションごとに定める公式ミッションロゴワッペン。

お土産コーナーにもあったので、毛利さん初飛行時のワッペンを購入してきました。

 

Dscf5409 シャトルのタイヤ

地球に戻ってきた際に使用。もちろん使い捨てです。

Dscf5410 宇宙飛行士を発射台まで送るバス

 

Dscf5399

Dscf5404 パネルで帰還後⇒再出発までを紹介


Dscf5402 VABにて修理

Dscf5403 発射台まで移動

Dscf5405 Dscf5407

時間をかけてゆっくりゆっくり運ばれます。(詳細は後ほど)

 

Dscf5411

シャトル打ち上げ時の衝撃を体験出来るコーナーもありましたが、時間が無く・・次へ向かいます。

 

Dscf5422 いよいよバスツアー開始ですsign03

 

続く。

« 2015 GWの旅⑭ | トップページ | 2015 GWの旅⑯ »

Overseas travel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015 GWの旅⑭ | トップページ | 2015 GWの旅⑯ »