« 年1回の恒例行事 | トップページ | 久しぶりの台湾② »

2014年11月10日 (月)

久しぶりの台湾①

2泊3日で台湾(台北)へ出掛けてきましたーairplane

今回は、お友達の子供がもうすぐ2歳になるので、国際線の子供料金がかからないうちに

海外へ行きたい、というリクエストから実現。(誕生日の2週間前に実現sign01)

彼女、この2年の間に何と4回も子連れで海外旅行しているというツワモノshine

私は15年ぶりsign02かと思って調べてみたら、何と18年ぶりの台湾訪問でした・・wobbly 

 

空港までは朝早かったので車で移動cardash

チェックインした後はラウンジが開くまで、子供が走り回っても誰にも迷惑のかからない、

秘密sign02の通路へ。(というか、誰も通らないだけなんですけどcoldsweats01)

Dscf2238 Dscf2242

自由に走り回るここちゃん。

いーっぱい遊んで疲れて寝てくれるといいな~なんて淡い期待を抱いている大人たち(笑)

Dscf2229_2 朝から絶好調note

ラウンジでコーヒーを飲んでいる間もあちこち歩き回り、

人見知りなどする気配は全く見せないところがすごいなーと思います。

お陰で私にもすぐ慣れてくれて助かったんですけどねhappy01

Dscf2278_2 機内でも最初は絶好調note

途中、ディズニーチャンネルでミッキーを見ていたところで、機内アナウンス(機長のアナウンス)が入り

画面が止まったところから突然ご機嫌ナナメに。。。

眠さも手伝って、大号泣sweat01 CAさんが「大丈夫ですかsign02」と飛んできたけれど、

事情を説明したら「あぁ・・・」ってな感じで帰っていきました。 機内アナウンスを止めること出来ないしねsweat01

その後、泣き疲れて立ったまま寝たここちゃん。

大人はココでようやく女子トークタイムclock でも、近いのであっという間に着いてしまいましたーairplane

 

ホテルにチェックインした後、最初に向かったのは(私にとって)今回の旅のメイン目的である九份へ。

九份は台湾北部の新北市瑞芳区にある山間の町で、日本統治時代に金鉱山として繁栄しました。

しかし、その後主要鉱物だった金と石炭の生産量が減り続け、1971年に閉山。衰退の時代を迎えます。

お陰で、開発されることなく昔ながらの風景をそのままに残す街として再び脚光を浴びることになりました。

 

まずは腹ごしらえから。 今回はツアーに参加したので、自分で選んだお食事は一度もありませんsweat01

でも、どれも美味しくいただけたので、大満足でしたsmile

Dscf2300 Dscf2301

10名くらいで円卓を囲んでいただきまーすnote どれだけ取ったら良いかが悩ましい。。笑

6品くらいあったかな、ご飯はおかわり自由でしたriceball

 

お腹がいっぱいになったところで自由散策shoe

Dscf2302

お店の外に出たらもうこの景色shine テンション上がります~upupup

事前に地図をもらって大体の観光スポットの説明を受けていたので、まずは有名な景色を見ようと

階段を登ってみることに。

Dscf2311 狭い階段は観光客でいっぱいsign03

Dscf2319

とにかく、雨の多いエリアとのこと。階段を登り始めたころからポツポツと・・・rain

Dscf2338

ここは、映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったという噂が広まってから人気が高まった場所。

(後に宮崎駿監督はしっかり否定しているみたいですが・・・coldsweats01)

でも、この雰囲気、確かにあの湯婆婆の世界shine

Dscf2364

こちらが湯屋のモデルになったとされる阿妹茶酒館。いわゆるCafeですjapanesetea

雨が降ってきたこともあり、中で休憩しようとする人でいっぱいsign03

私たちはもっと階段を上がり、この辺りで一番古いという茶屋を覗いてみることに。

Dscf2374 九份茶房

カメラの設定によりかなりノスタルジックな仕上がりになってた(笑)

Dscf2375

少し奥へ進むと展望台があり、九份の街を一望できます。

Dscf2382

一通り観たところで、階段を下り、集合場所である茶屋で時間までお茶することに。

Dscf2388 まだまだすごい人・・

Dscf2409 Dscf2414

また訪れることがあれば、今度はこちらのお茶屋さんに入ってみたいと思いますjapanesetea

Dscf2434 Dscf2436

出発地点に到着~ここを少し抜けたところのお茶屋さん『水心月茶坊』が集合場所。

先ほど観てきた九份茶房のオーナーが手掛けるお店だそうです。これは間違いないsign03

Dscf2450 Dscf2454

名物という、ウーロン茶チーズケーキとクッキーをいただきました。

これがめちゃくちゃ美味しい~heart04 おかわりしたいくらいだった(笑)

Dscf2461 美味しお茶の淹れ方を伝授してもらいました

残ったお茶っ葉はお持ち帰り出来ます。

 

続く。

« 年1回の恒例行事 | トップページ | 久しぶりの台湾② »

Overseas travel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年1回の恒例行事 | トップページ | 久しぶりの台湾② »