« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

芸術の秋

応援している水上卓哉 くんの作品が展示されている、ということで

愛知県美術館ギャラリーで行わていた、中部現展 へ行ってきましたhappy01

Dsc_3694

卓哉くんはこのblogでも何度か登場していますが、観に行く度に技術だけでなく

表現力を身につけている気がします。(素人目ですが・・)

 

いつも温かく見守っているご両親もいらっしゃったのですが

卓哉くんが真剣に制作に向き合えるのはお二人の力あってこそ。

 

12月には個展が開かれます。

興味のある方は是非足を運んでみてください。

2014年11月29日 (土)

おめでとう!ランチ会

東京の同僚が結婚&妊娠報告を名古屋メンバーに未だしていなかったから・・と、

わざわざ旦那さんを連れて挨拶に来てくれました。

既に退職したメンバーも集まってLe Gaulois でランチ会を開催restaurant

Cimg1421  久しぶりに新栄で下車したな~

こちらのすごいところはランチがとってもお得sign01サラダとメインとドリンクが付いてyen990sign03

Cimg1422 お魚をオーダー

カジキマグロの・・・ とにかく美味しかったですheart04

 

女子ばっかり(旦那さんも途中から参加したけれど)揃うと話が盛り上がる盛り上がるsign01

11時半待ち合わせだったけれど、お店を出たのが15時頃(笑)

慣れ染めを聞いたり結婚式の写真を見せてもらったり・・

年明け早々に生まれる赤ちゃんのアレコレを聞いたり、あっという間の時間でした。

 

今まで総合職でバリバリ働いていた同僚は社会人になって初めて長期の休暇、とのこと。

(今まで職を変えたことも無かったから・・よく頑張っていると思いますshine)

 

ハハになって、また新たな一面を見せてくれることを期待sign01

週末に大勢でワイワイランチを食べるのは久しぶりだったので、それもまた新鮮でした。

2014年11月28日 (金)

東京のお土産

同僚からいただいた、東京土産。

Cimg1376 ありそうでなかなか無い人形焼き

同僚にはかなりこだわりがあり、わざわざ錦糸町のお店(山田家 )まで買いに行ってくれた、とのこと。

Cimg1375

1個がずっしりとして、確かに美味しかったheart04

(人形焼きの味なんて、どれも同じ・・くらいに思っていたことを反省bearing)

錦糸町には親族が住んでいるからよく行くのだけど、全然知らなかった~

次回は買いに行ってみようと思ってますhappy01

2014年11月27日 (木)

入手困難、、、らしい

職場の同僚が声を掛けてくれた、奇跡のドレッシングお取り寄せ。

何でも、一度購入したことのある人or紹介してもらった人しか購入できない商品なんだとか。

しかも、注文を受けてからの製造⇒販売なので、入手までに多少時間がかかります。

Cimg1377

本数が多ければ多いほどお値段が安くなる、というシステム。

今回は職場のみんなで共同購入したので、1本yen800くらいでした。

(ちなみに最近はAmazonでも購入可能。ただし、、1本yen1,480sign03wobbly)

 

どんなサラダでも美味しくなってしまう~というお話でしたが、確かに美味しくなるsign01

温野菜とも合うsign01

けど、絶品レベルshineかと言うと、そうでもないような・・(油っぽさが気になりましたcoldsweats01)

 

また共同購入の機会があれば買うと思いますが、自分から声を掛けてまでは買わない・・かな。

2014年11月26日 (水)

ニク食

先日、贅沢にも松阪牛の生ステーキ肉をプレゼントしてもらいましたpresent

Dsc_3696 あまりの大きさ&厚みにビックリsign03

せっかくだから美味しく焼かねば・・とインターネットで調査pc

●肉の投入
 盛り付けの表になるほうから強火で焼きます。家庭用のコンロとフライパンでは、温度が弱く表面を充分に焼くことが出来ないのでフライパンにフタをして熱の拡散を防ぎます。均等に焼きいれする為に、フライパンは、時々揺すって肉を移動させます。
●焼き
肉を焼き入れて約30秒ほどで弱火にします。
その後
レア⇒弱火で約30秒
ミディアム⇒弱火で約60秒
ウェルダム⇒弱火で約90秒
            焼きます。

            肉を反します。
この時にフライパンの余分な油をキッチンペーパー等でふき取ります。
ふたをして強火で約30秒焼きます。
さらに弱火にして
            レア⇒弱火で約30秒
ミディアム⇒弱火で約60秒
ウェルダム⇒弱火で約90秒
            焼きます。

【ポイント】
むやみに肉を反したり、押し付けたりしないでください。旨みが逃げてしまいます。
●仕上げ
焼き上げの最後にお好みによってワイン・シェリー酒・ブランデー等を少量ふりかけて一緒に焼くと香りが引き立ちます。
この時、火が立ち上がる事がありますので、ご注意下さい。

だそうです。

早速、調理開始sign01

Dsc_3698 こちらが完成品shine

Dsc_3699

せっかくの生肉なので、レアとミディアムの間くらいでいただきましたsign01 美味しい~happy02

日本のお肉(霜降り)は胸やけがしてあまり好まないのですが、これは本当に美味しかったsign03

 

あーホント贅沢heart04

自分ではなかなか買えませんが、贈り物でいただく分にはウェルカムですgood

2014年11月25日 (火)

かなり減速中

そうそう、愛車の走行距離がようやく10,000kmを超えましたcardash

Dscf2002 走行中に撮ってもらった証拠写真camera

記念すべき瞬間は高速道路のトンネルの中でした。

 

購入して1年目は順調に5,000km走行していたのですが、2年目よりペースが鈍化。

2年半かかってようやく10,000km。

平日はほとんど運転しないし、土日もこの来るまではあまり遠出しないしな~

維持費を考えたらもったいないsad と思うけれど、でも、やっぱり必要なのですsign01

来年は初めての車検。 まだまだ頑張ってもらいますgood

2014年11月23日 (日)

秋旅②

2日目。朝食は囲炉裏斜め上にある隠れ部屋のような中2階でいただきましたrestaurant

Dscf3183 一枚板のテーブルが素敵shine

小窓から見える囲炉裏downwardleft

Dscf3159

朝食は想像通り、かなりの量でしたが美味しくいただきましたsmile

Dscf3174

お米は何と、龍の瞳sign03 昨年お友達からいただいて感動したお米にココで出会えるとはshine

宿のこだわりを感じました。

Dscf3179 Dscf3181

この日は上高地へ出掛ける予定だったので、早めに出発。

Dscf3186 Dscf3191

昨晩語り合った囲炉裏ともお別れ。(コチラで食後のコーヒーをいただくことも出来ますcafe)

Dscf3192 次回は是非離れに泊まってみたい

離れは3棟。かやぶき屋根のお宿もあります。

 

上高地はマイカー規制がされているため、平湯温泉のアカンダナ駐車場からシャトルバスで移動bus

Dscf3205

まず最初に見えてくるのが大正池です。

Dscf3211 初めての上高地

とりあえず、明神池まで歩いてみることにしましたshoe

Dscf3238

Dscf3239 上高地のシンボル河童橋

Dsc_3684

お天気が良かったので、河童橋からの景色も最高sign03

Dscf3250

Dscf3249

案内と同じような穂高連峰が拝めました~happy02

明神池までは3.5kmほど。 

Dscf3251

お天気が良かったので写生をしている方が多かったです。 良い季節なのかな。

Dscf3264

Dscf3273

Dscf3286

こーんな自然の中、のんびりと散策。 1時間近くかけて目的地へ。

せっかくなので、穂高神社へお参りへ行ったら、花婿&花嫁に遭遇heart01

Dscf3295 宿で出会った外国人カップルにも遭遇sign01

目の前に広がる明神池に木々が映る、とっても美しい景色に出会いました。

Dscf3298

Dscf3314 Dsc_3688

そして、しっかりご朱印もいただきましたscissors

ここで腹ごしらえ。

Dscf3291

しっかり歩いた後だったので、(朝食をあれだけ食べたにも関わらず)あっという間に間食noodle

Dscf3318 屋外で食べるお蕎麦。美味しかったheart04

 

戻りは明神橋を渡り、川の逆側を歩くことに。

Dscf3323 Dscf3328

Dscf3332

橋の上からの景色。 本当に気持ちの良い秋晴れに恵まれましたmaple

Dscf3336

反対側は普通の山道って言うのかな、、、キレイに整備されていたのでとっても歩きやすかったです。

Dscf3351

途中、昨年夏同僚が泊まったという屋営キャンプ場も通過。

Dscf3361

そして、お友達が教えてくれた画家のおじさんsign02が住んでいるというテントを発見flair

Dscf3362

30分くらいで戻ってきてしまいました・・

Dscf3370 あっという間に河童橋に到着coldsweats01

せっかくなので、橋のたもとにあるホテル白樺荘名物のジャンボモンブランを食べに行きましたcake

Dscf3371

直径11cmのモンブランはコチラdownwardleft

Dscf3375

う~ん、、、単独では大きさが伝わりませんねcoldsweats01

Dscf3379 珈琲カップと比較してみました

それでも分かりにくい、、、まぁ、、、こぶしくらいの大きさとでも言いましょうか。

一人1個は多いけれど、二人で食べればちょうど良いくらい。

ネタにはなると思います。

 

帰りは混雑する前に上高地を出発、再びアカンダナ駐車場へ戻ってきましたbus

行きはバタバタとバスに乗車したから気付かなかったけれど、駐車場周辺の木々も黄色く色づいてました。

Dscf3389

それにしても本当に良いお天気sun

覚悟してダウンまで持って行ったのに、暖かくて全く必要ありませんでした~

 

高山から名古屋へ戻る高速道路から見えたコチラdownwardleft

Dscf3393 真ん中あたりの煙、見えますかsign02

御嶽山の噴煙を確認することが出来ました。

まだ噴煙を上げているようです・・・ 自然は偉大ですね。

 

今回もたくさんの元気をもらって帰ってきました。 たまにはこんなお出掛けもいいナnote

2014年11月22日 (土)

秋旅①

お天気の良い週末sun 久しぶりに高山へ遊びに行ってきました~

(予定していた日が快晴だったsign01ってだけですがbleah)

Dscf3022 青空が気持ちイイ~note

まずはお昼ご飯から。

いつも行く豆天狗 が東京のつけ麺グランプリsign02参加のためマサカの臨時休業shock

Dscf3023 Dscf3026

初めての甚五郎ラーメンnoodle

Dscf3028 極細麺が私好みheart01

美味しかったので、自宅でも食べられる生麺を購入しました~

お腹がいっぱいになったところで、町並保存地区へshoe

 

Dscf3037

Dscf3042

ぷらぷら歩いているだけで楽しい~ 偶然見掛けた同僚には声を掛けませんでした。

理由は無いけれど、なんとなく・・

(後日確認したらやっぱり本人デシタ。男4名での男旅だったそうでcoldsweats01)

Dscf3046

高山市政記念館前には着物の男女がたくさん。 何かイベントがあったのでしょうか。

その向かいにある、コチラのお店。初めて訪れました。

Dscf3047 Dscf3048

高山で唯一のわらび餅専門店、いわき

イートインは無く、持ち帰りのみ。 

賞味期限は短いのですが、常温でOKgoodなので、購入後も観光が可能です。

とってもやわらかくて、やさしい甘みがたまりません~これはオススメshine

 

再び町並保存地区へ戻り、散策。

Dscf3055

Dscf3056

酒蔵とか、専門店とか・・ 昔から営むお店の”味”と”風格”が感じられる店構えが好きです。

 

Dscf3057_2 最も混雑している上三之町へ行ってみると

Dscf3063 Dscf3068

今、飛騨牛にぎり寿司が流行っているんですね~ 向かいの店舗も大行列でした。

Dscf307615分ほど並んだかなsign02

旨しsign03でしたsmile いっぱい食べたかったけれど、宿の夕食を考えたら、、、少なめにして正解でした。

 

この日の宿は全8室という、オトナの隠れ家倭乃里

Cimg1445_2

Dscf3190 離れは予約が取れず本館にて宿泊

Cimg1457

到着したら、まずは囲炉裏で一服japanesetea

Cimg1452

Cimg1456

120年前の民家を移築したという母屋。 囲炉裏のぬくもりは格別です。

Dscf3101 女将直筆のメッセージ

お部屋はゆったりとした二間続き。 各部屋檜風呂が付きです。(それでもやっぱり大浴場へ行ってしまうcoldsweats01)

Dscf3081_2 Dscf3083_2
 

Dscf3085 Dscf3092

宿でのんびりしたかったので、早めにチェックイン。

それでも既に到着しているお客さんがたくさんいらっしゃいました。(海外からのお客様は2組)

 

夕食は事前にお願いしていた、飛騨牛のしゃぶしゃぶ。

Dscf3105 お食事は別室にて

Dscf3110

予想通り、かなりのお食事の量・・・ お昼と間食を少なめにしておいて本当に良かったsweat01

Dscf3113 こちらも女将筆”おもいやり”とあります

では、一気にいきます。

Dscf3111 Dscf3112

Dscf3117 Dscf3118

食前酒から始まり・・ 岩魚のお刺身は最後骨を揚げて持ってきてくれます。美味しかった~heart04

Dscf3136

こちらの岩魚は囲炉裏で3時間かけて焼いたもの。頭から骨まで美味しくいただきましたsmile

そして、メインのしゃぶしゃぶ。

Dscf3123 Dscf3125

飛騨牛のしゃぶしゃぶなんて贅沢shineですよねー お肉たっぷり、お野菜もたっぷり。

おろしだれでいただくのも美味しかったですgood

Dscf3138 Dscf3137

お食事はいろいろ選べる中から、お茶漬け(生海苔)を。

お腹いっぱいだったのにサラっと入ってしまいました。恐ろしやー・・・

Dscf3143 〆のデザート

お腹いっぱいになって戻ったら・・・  部屋には夜食が用意されていました。

Dscf3146

近くに何も無い、山の中の宿なので、お腹が空いた時用に用意しているそうです。

 

お食事の後は、囲炉裏を囲んでかっぽ酒をいただきますbottle

Dscf3147

こちらは宿のサービス。 番頭さんがお酒をふるまいながら様々なお話をしてくれます。

他のお客さんともの~んびりお話をしながら、寝る前の良い時間を過ごすことが出来ましたhappy01

Dscf3152 竹で作られたコップ

青竹の香りが身体と心に沁みます・・

Dscf3154 囲炉裏にまとわるエトセトラを聞き・・

先人の知恵がたっぷり詰まった古き良き伝統と文化を長く残していかねばならないと

その維持と継承に力をいれていらっしゃる番頭さんの姿に心を打たれた夜デシタmoon3

続く。

2014年11月21日 (金)

秋の味覚

栗つながり。

いただいた栗のお菓子がと~っても美味しかったので紹介しますhappy01

Dsc_3658 新百合丘のLilien Berg

何と、食べログTOP1000のお店でしたshine

Dsc_3659 季節限定のマロンパイ

Dsc_3660 甘さ控えめ栗ペーストと渋皮煮

なかなか買いに行ける場所では無いので、この時期にしか買えないのはツラいですが、

チャンスがあれば是非また食べてみたいと思います。

美味しかった~heart01

2014年11月20日 (木)

頑張った出来事

母のお友達から大量の栗(3㌔以上sign03)が届き、1㌔ほど譲ってもらいました。

栗が大好きな私はこれを長い間美味しく食べるためにはどうしたら良いか考え・・・

「そうだ、”渋皮煮”を作ろうsign01」と思い付きましたflair

せっかくだから、栗が新鮮で美味しいうちに作るに限るsign01と思いたち、お仕事帰りに材料を買い込み

食後落ち着いた22時頃から作り始めました。

そのときに役だったのがコチラdownwardleft

Kurinew くり坊主

ニギニギすることで栗の皮を剥くことが出来る、という優れものshine

握力のない私にはそれでもやはりしんどいのですが、包丁で剥くより何十倍もラクsign01であることは確かです。

 

渋皮を残し、重層で煮ること3回。 湯から揚げる度に竹串で渋皮をこするように取ります。

その後、日持ちするよう砂糖(三温糖)と栗の水分だけで煮ること20分・・

全ての工程を終えたのは午前2時wobbly これは平日にやることではないですねsign05

 

完成した渋皮煮は一部を残し、煮沸消毒した瓶詰にして冷凍庫へ。

残した栗は後ほどパウンドケーキ(目指すは足立音衛門の”栗のテリーヌ sign01)を作成。

せっかくなのでハロウィーンのラッピングをして同僚にプレゼントしましたpresent

Cimg1459

どちらにしても。 渋皮煮は簡単ではないってことが分かりました。

美味しく出来たのは満足だけど、次は無いです・・・gawk

2014年11月19日 (水)

せっかくなので

職場の年1回の恒例行事、パワーアップミーティング。

今年は浜松にある会社の保養施設で行われました。

Dsc_3664 目の前は浜名湖sign01

新幹線で浜松駅へ、駅からはバスで1時間・・bus

チームビルディング。

課題に沿って話し合い最後は結論をプレゼンして終了。

いつもは泊まるところですが、翌日からお出掛けする予定だったので、日帰りすることに。

 

せっかく浜松まで来たのだから絶対に寄らなくてはいけない場所、Quil fait bonsign03

Dsc_3669_2

20時閉店ということは調べていたのだけれど、下校時間と重なってバスも停車してばかりで

なかなか進まないし、帰りの新幹線との兼ね合いで行けるか不安だったのですが~

実家が豊橋になる同僚がこの辺りに詳しく、浜松駅へ向かう途中で「ココで降りたらすぐお店ですsign03」と

教えてくれたので、バスを降りてダッシュrun

Dsc_3667

ショーケース内にほとんどケーキは残っていなかったけれど、何とか買うことが出来ましたhappy02good

やっぱり美味しいよね~heart04 名古屋から店舗が無くなったのは本当に悔しい。。

何度食べても飽きない、幸せな気分になれるケーキですnote

2014年11月17日 (月)

金の・・

同僚が通いつめて入手した”金のトング”があるお店、焼き肉ホルモンせいご へ行ってきましたtaurus

当の本人は現在海外駐在中なので、主に同僚の私たちが使用しているのですが、

今回は一時帰国に合わせ、一緒に来店。

Dsc_3641 名物三秒ロース

3秒・・・ではなく、10秒くらいは焼きますが、あとはクリっと巻いてパクっとnote

Dsc_3642

美味しいぃ~~smile

開店した頃から通っているのですが、いつの間にか食べログTOP5000になってましたsign03

 

人気が出ても、気負わない雰囲気がGOODgood

ふらっと立ち寄れる、気さくなお店です。(って、、、最近、時間帯によっては混雑してますがcoldsweats01)

2014年11月16日 (日)

神社巡り

泊まりに来ていたお友達が翌日昼間では時間がある、ということだったので

せっかくご朱印を集めていることだし、一緒に神社巡りをすることに。

普段は東京に住んでいるお友達、電車ではなかなか行けない場所へ案内しようと、

まず向かったのがコチラdownwardleft

Dscf2851 大縣神社

ここは知る人ぞ知る、有名な神社です。(特に海外では・・coldsweats01)

事業繁栄、開運厄除けの守護神として祀られていますが、

境内にある摂社の姫之宮はその字の如く女性の守護神として信仰を集めています。

Dscf2852 むすび池

Dscf2860 縁むすびの石

そして、有名なのがこちらの姫石。

Dscf2864 詳しい説明は割愛させていただきます

お友達は失笑しながらも、真剣にお願いごとをしていました。

どうぞ願いがかないますように・・

時期的に七五三の参拝をしているご家族が多かったです。

 

女性の守護神を参拝したら、次は男性でしょう。

Dscf2868 田縣神社

五穀豊穣、家業繁栄、開拓の祖神として祀られていますが、

毎年3月15日に行われる豊年祭は天下の奇祭として、世界中で有名shine

Dscf2873 お賽銭を入れたら「チーン」と鳴ります(笑)

境内にはこんな石がゴロゴロ・・

Dscf2874

それでも、ご朱印はどちらも普通でしたー(ご朱印帳はかなりのインパクトでしたがsweat01)

Cimg1628


もう一つ行きたい観音様があったのですが、今回はこれでタイムオーバーwatch

私も行ったことのない場所なので、次回もお友達と一緒に楽しみたいと思いますhappy01

2014年11月15日 (土)

出会ってしまった・・

ものすごいお店に出会いました。

斬新sign02なのかなぁ~ 今までの飲食店の概念を覆す、画期的sign02なお店です。

その名も・・・山猫軒

お店のblogには『お料理やドリンクにおいて 安全や、美味しいことや コスパを何より優先するお店で、

ビジュアル等にあまりお金を回しておりません。』と記載あり。

訪れたお友達から事前にお話を聞いていたけれど、何よりその”味”に興味があったので

予約を入れて訪れてみました。

 

お料理は一斉スタート。18:30~なので、平日は難しいという方も多いかもしれません・・が、満席でした。

今回頼んだのはお任せyen10,000のコース。

初めてだったので、オススメと言われるこのお値段でお願いしましたが、

とにかく品数が多いので、女性だけで行く際にはもう少し減らしても良いかもしれませんね。

(今回は私も一緒に行ったお友達も大食漢なので大丈夫でしたがcoldsweats01)

 

初めてお店を訪れるときは、事前にお店で使用されるオールマイティ・グラス「 」について

事前にYoutubeを視聴することをオススメされます。

Cimg1324_2 1個yen8,000shineのグラスwine

これで飲むと、ワインでも日本酒でも、はたまたお水でも美味しくなる(簡単に言うと・・)

というグラスです。(原理についての説明は割愛させていただきます)

興味のある方は是非見てみてください。(コチラ からどうぞ)

 

さて、店内はblogに記載あったとおり、ビジュアルにはお金をかけていません。

Cimg1327 カウンターのみ18席

しかしながら、マスターのお料理に対する熱意が素晴らしく、一品一品こだわりを説明をしてくれます。

まずはすっぽんスープからスタートsign03一気にいきます。

Cimg1325_2 Cimg1328

Cimg1333 Cimg1336

Cimg1339 Cimg1340

Cimg1341 Cimg1343

Cimg1345 Cimg1349

Cimg1358 Cimg1362

Cimg1368

お料理はココまで。デザートは別料金ですが、この日はモンブランだったので注文。(栗大好きheart01)

Cimg1371

途中、注がれるお酒は珍しいものばかり。

もはや何種類の日本酒&ワイン(ウィスキーも少々…)を飲んだか定かではありませんが、

写真を撮っていたものだけご紹介。

Cimg1337 Cimg1373

コース終了まで3時間ほど。

少しずつ、たくさんのお料理をいただけるのでかなり満足度が高いsign01

しかも美味しいときたら言うことはありません~

 

決してお安くない値段を払って食べる料理ですが、かなり簡素な店内でいただくので

ビジュアル重視の方は満足度が低いと思います。

純粋に美味しいお料理を楽しみたい、という方にはオススメですgood

(あと、斬新な雰囲気を味わいたい方にもオススメshine)

私はまた近いうちに行きますsmile

2014年11月14日 (金)

東京の味

2年ぶりsign02ぶどう狩りに行ってきました~note  場所は恒例、岡崎のマルタ園

Dsc_3636 巨峰が食べたかったのでこの時期(9月)に

ここはBBQも出来ます、今回ももちろんお昼から訪れ、ぶどう⇒BBQ⇒ぶどう⇒昼寝⇒ぶどうの流れで(笑)

Cimg1310 丘の上から見たぶどう畑

どうだろう、一人4個くらいは食べたかなぁ~ 時間制限が無いのがGOODgood 結構満足出来ますhappy01

閉園ギリギリの16時まで食べ続けてました(笑)

 

お腹いっぱいなのに、一緒に行ったお友達とどうしても訪れたかったお店へ予約無しで突撃訪問restaurant

安城にある鉄板焼きのお店、らくだ sign01

Cimg1311

ココは何と・・東京広尾の大好きなお店、やきやき三輪 で働いていたスタッフがオープンしたお店shine

突然の訪問だったにも関わらず、19時半からの予約のお客さんが来る前、19時までなら・・ということで

入れていただきました。(それ以降は全て予約満席だそうですwobbly)

Cimg1314 まずはビールで乾杯beer(満腹でも入る)

メニューを見てみると、広尾と同じものもいくつか。 オシャレなお兄さんが多いのも広尾と同じ(笑)

Cimg1315 15種類のらくだサラダ

Cimg1316 わかさぎのフリット

Cimg1317 海老

Cimg1319 牛すじ焼き

Cimg1321 フォアグラとマッシュポテト

Cimg1322 らくだ焼き

お腹いっぱいって言いながらたくさん食べてるじゃ~ん、、って・・ 自分でもビックリsign03(笑)

いやぁ~本当に美味しかったですhappy01

残念なのは安城が遠いこと・・ 

また近くへ行く機会があれば、今度はちゃんと予約を入れてから訪れようと思います。

ここは本当にオススメsign03

2014年11月13日 (木)

久しぶりの台湾④

次に向かったのが忠烈祠。

戦争で亡くなった英霊を祀る祠で、台湾政府の管理下にあります。

忠烈祠といえば衛兵交代が有名。

陸、空、海軍から選ばれた衛兵が、交代で大門と大殿の守護を担当しています。

青い制服の兵士は空軍、白い制服の兵士は海軍、緑の兵士は陸軍にそれぞれ属しているとのこと。

Dscf2674 この日は海軍担当

任務に就いたら最後、1時間は微動もできず、瞬きも控えるよう指示されるのだとか。

(瞬きが出来ないわけではない・・当たり前かcoldsweats01)

そのためお世話係が側に控え、衛兵の汗を拭いたり顔色を確認したりしています。

いずれの衛兵も各軍から選抜されたエリートたち。身長だけでなく容姿も選考基準の一つなんだそうです。

Dscf2675

Dscf2681

Dscf2687

Dscf2706

Dscf2733

 

この次はマッサージへ。マッサージを受けない人は漢方のセミナーに強制参加です。

私は迷わずマッサージ、お友達はここちゃんが起きていたのでセミナーへ。

(要は売り込みのような感じだったそうです。←誰も買わなかったみたいですがsweat01)

その後は民芸店へ。とくに興味が無かったので、近くのお店でマンゴータピオカドリンクをnote

Dscf2737 初めて飲んだけど美味しかったheart04

どこでも人見知りをしないここちゃん。店員さんとお話中sign02

Dscf2747 あちこちで可愛がってもらってましたー

 

夕食は念願の鼎泰豊本店へsign03

Dscf2751 ものすごい人気sign01

Dscf2758 Dscf2759

ツアーだったのですぐに入れましたが、予約無しで訪れるとかなり待つみたいです・・

Dscf2753 Dscf2754

何と、子供用の食器まで用意してもらえます。 

Dscf2755 小籠包&点心料理

めちゃくちゃ美味しい~~~heart01

ここではここちゃん絶不調だったので、お友達がササっと食べて連れて出ました。

私はゆっくり~ だけど、ここちゃんが落として割った食器を持って謝りに。。(笑顔で許してくれましたがsweat01)

 

まだまだ観光です。

続いて向かったのは台湾最大の夜市、士林市場へ。

Dscf2766

お友達は旦那さんのお土産を購入。

あとはぷらぷらしただけですが、台湾の夜市らしい雰囲気を味わうことが出来ます。

18年前にもここを訪れていますが、あまりにキレイになっててビックリしましたsign01

Dscf2769

Dscf2773

Dscf2781

2日目の観光はこれにて終了。 かなり濃い一日でした。

 

最終日。

ホテル出発が11:50だったので、それまでちょっとお出掛け。

初めて地下鉄に乗りましたsubway さすが新しいだけあってとってもキレイshine 路線図も分かりやすいです。

Dscf2817 Dscf2819

向かったのは、日本でも人気のパイナップルケーキのお店、Sunny Hillsの商品を扱うお店。

Dscf2833 見た目は普通のお茶屋さんです

商品は外に出ていなくて、店員さんに聞いたら出してくれました。

朝早かったからかなsign02

ここのパイナップルケーキは日本で買うと1個yen300sign03 台湾で買っても1個yen100sign01

たかがパイナップルケーキ、されどパイナップルケーキ・・ 本当に美味しいですheart01

Cimg1512

Cimg1513 Cimg1514

外はさくさく(私好みの固め)、中は果実が感じられる、甘さ控えめなパイナップルケーキですsmile

なんと、バターはエシレを使用しているとかsign03 そりゃ美味しいハズだわ~

 

その後は私の希望で・・

Dscf2835 IKEAへ(笑)

買いたいものがあったんだよね~ お陰さまで、大阪まで行かなくてもよくなりました。

お値段の相場は日本と一緒かな。(ということは、現地では高い方なのかも・・)

同じビル内にニトリも入っているのは、日本では考えられませんね~

 

帰りの機内はぐっすり寝ていたここちゃん。

Dscf2847

体調を崩すことも無く、無事帰国することが出来ましたairplane さすが海外旅行慣れしているだけあるっsign01

 

私は子連れ海外は久しぶりだったので(家族旅行以来・・)ちょっとドキドキしましたが

そんなに周囲に迷惑を掛けることなく終了出来て一安心。

 

お友達は2歳を迎えたら海外旅行はしばらくお預け・・だそうですが、国内便は満3歳以上からの課金なので

これから1年は出来るだけ国内のあちこちを旅行するそうです。

うん、頑張れ~punch お疲れさまでしたhappy01

2014年11月12日 (水)

久しぶりの台湾③

2日目はがっつり観光bus 前回とほぼ同じ場所の観光ですが、久しぶりだったので新鮮でしたhappy01

その前にホテルの食堂的レストランで朝食をいただきましたrestaurant

Dscf2510 Dscf2509

家庭的なお料理が中心で、これが意外と美味しいheart04(日本のカレーライスもありました)

でも、お客さんを見てみると、やはり中国人が多いように感じました。

中国人と台湾人は仲良くない、というのは昔のオハナシなのかもしれません・・

 

まず最初に向かったのは行天宮。日本でいう神社のようなところで、商売の神様が祀ってあります。

Dscf2516

Dscf2513

ここから先は撮影禁止ng 中へ入ると、立派なご神体が並べられています。

行天宮のメインの神様は「三国志」の登場人物として知られる関羽。

関羽は武将として有名ですが、実は中国史上初めてそろばんを使い、

部下達に公平に報酬を分配したという人物でもあるそうです。

それゆえ、今では商売の神様として崇められています。

Dscf2515 Dscf2527

パワースポットと言われる石。

生涯お金に困ることが無いよう、しっかりお願いしてきましたbleah

 

次に向かったのがお茶専門店。

Dscf2540 燻したお茶は殺菌効果があるそうで…

お茶セミナー(美味しいお茶の淹れ方とお茶の種類の紹介、試飲)と称した売り込みが始まります。

Dscf2546

私たちはここちゃんが騒がないように、終わるまでじっと座っていられるよう

様々な工夫を凝らし・・ 最後まで何とか頑張りましたsweat01

Dscf2561 何故かかなり気に入ってくれたガイドブックbook

途中、通りかかった総統府。

Dscf2569

東京駅を設計した辰野金吾氏の弟子が設計した建物だそうです。(辰野金吾監修)

確かに東京駅によく似ています。

 

次に向かったのは中正記念堂。

Dscf2584

「中正」とは蒋介石のことを指します。 そう、蒋介石の記念館です。

Dscf2590

敷地の総面積は25万㎡。広すぎて、もうよく分かりません・・

Dscf2589

これら全て大理石shine

紀念堂の入り口へ向かって伸びている階段は89段。

蒋介石の亡くなった年齢が数え年で89歳だったから・・だそうです。

Dscf2597 天井は総ひのき作りsign03

中の展示スペースには蒋介石の歴史から愛用品など、たくさん展示がされていました。

Dscf2598

Dscf2600

Dscf2601

Dscf2604

日本人はどちらかと言うと蒋介石に対し良いイメージを持っていますが、

台湾の人は侵略者としての一面も持っていたこともあり、悪いイメージを持っている人の方が多いそうです。

Dscf2605

先ほどの89段の階段を登った正面にある広間には、蒋介石の銅像が鎮座。

それを見守るように2名の衛兵がガードしています。

そして・・ちょうど衛兵交代の時間に遭遇sign01

この後、別の場所で観る予定があるにも関わらず、ここでも見入ってしまいました~

Dscf2619 Dscf2628

Dscf2633

Dscf2635 Dscf2640

静寂の中、足音と、銃を床にたたきつける音だけが響き渡ります。

毎日、午前10時から午後4時まで(水曜日は午後6時まで)、1時間毎の正時に行われるようです。

 

そして、このあと昼食を挟み、故宮博物院へ。

Dscf2666

フランスのルーブル、アメリカのメトロポリタン、ロシアのエルミタージュと並び

世界四大博物館の1つに数えられている博物館。

中国歴代皇帝のコレクションが多く展示されています。

何故、中国故宮のコレクションが台湾にあるのか・・・

1949年、国共内戦に敗北した国民党政府が台湾へ撤退する際、60万点余りの宝物を運びだしました。

元々は蔣介石が戦火や日本軍から守るべくあちこち移動させていたものが、

最終的には台湾へたどり着いた・・・というものなのですが。

歴史に翻弄された美術品たちが展示されています。(もちろん写真撮影禁止ng)

前回訪れたときは観光客も少なく閑散としていたのですが、今回はビックリsign03中国人だらけーshock

有名な貯蔵品の展示室前はものすごい行列が出来ていましたsweat02

それでも、見たいと思っていたものはちゃんと見れたから良かったのですが、

全部をじっくり見ようと思ったら1日あっても足りないと思うくらいの広さです。

 

続く。

2014年11月11日 (火)

久しぶりの台湾②

続いて向かった先は饒河街觀光夜市。 台湾と言えば屋台sign03

Dscf2470 

行かないわけにはいかないけれど、それでも食べられるモノは少ないです。。

(お腹を壊すから、くれぐれも食べる食べるものは選ぶように注意を受けたsweat01)

お隣にあるお寺sign02がとてもキレイでしたshine

Dscf2466

ガイドさんから大体の説明を受けたところで、門をくぐって観光スタートnote

夜市ではアクセサリーから衣類、文具品はもちろん本当にたくさんのモノが売られています。

でもやっぱり気になるのは食べものだよね~restaurant 

Dscf2482

Dscf2489_2

購入した食品は、フードコートのようなところで食べることが出来ます。

Dscf2485 これぞアジアsign03

面白かったのはコチラdownwardleft

Dscf2490 分かりますかsign02

書かれているのは『園園焼』。そう、日本の「まるまる焼き」(リング焼き)sign03

意外と行列が出来ていましたー

 

私たちが狙ったのはガイドさんオススメの胡椒餅shine ものすごい行列が出来ていました。

Dscf2504 並ぶこと10分・・

待っている間も作業工程が見えるので面白くて飽きない。

Dscf2498 Dscf2500

小麦粉の生地を捏ねて、胡椒をたっぷり利かせた豚肉とネギを生地で包み、

石炭sign02の釜の中で焼いたら完成up

Dscf2502

一人で10個買っている人もいましたよ~

私たちはご飯を食べた後なので、二人で1個・・

Dscf2505 Dscf2506

中身の写真は熱々すぎて撮れずcoldsweats01 ←片手ではとても持てないsweat01

濃い味付けがビールを欲する・・・ ビールに合うお餅だと思いますbeer

ちなみに、こちらは加熱処理をしてあるから大丈夫だろう、と食べましたが、問題は無かったですscissors

 

 

その後はちょうどここちゃんが寝ていたので、マッサージ店の豪門世家理容名店へ。

Dscf2507

もうきっと起きないから、全身マッサージやろうかflair と、個室へ移動したところで突然起きて大号泣shock 

足裏マッサージで我慢我慢・・ むくみも取れて、スッキリ気分でホテルへ戻ったのでしたhotel

 

続く。

2014年11月10日 (月)

久しぶりの台湾①

2泊3日で台湾(台北)へ出掛けてきましたーairplane

今回は、お友達の子供がもうすぐ2歳になるので、国際線の子供料金がかからないうちに

海外へ行きたい、というリクエストから実現。(誕生日の2週間前に実現sign01)

彼女、この2年の間に何と4回も子連れで海外旅行しているというツワモノshine

私は15年ぶりsign02かと思って調べてみたら、何と18年ぶりの台湾訪問でした・・wobbly 

 

空港までは朝早かったので車で移動cardash

チェックインした後はラウンジが開くまで、子供が走り回っても誰にも迷惑のかからない、

秘密sign02の通路へ。(というか、誰も通らないだけなんですけどcoldsweats01)

Dscf2238 Dscf2242

自由に走り回るここちゃん。

いーっぱい遊んで疲れて寝てくれるといいな~なんて淡い期待を抱いている大人たち(笑)

Dscf2229_2 朝から絶好調note

ラウンジでコーヒーを飲んでいる間もあちこち歩き回り、

人見知りなどする気配は全く見せないところがすごいなーと思います。

お陰で私にもすぐ慣れてくれて助かったんですけどねhappy01

Dscf2278_2 機内でも最初は絶好調note

途中、ディズニーチャンネルでミッキーを見ていたところで、機内アナウンス(機長のアナウンス)が入り

画面が止まったところから突然ご機嫌ナナメに。。。

眠さも手伝って、大号泣sweat01 CAさんが「大丈夫ですかsign02」と飛んできたけれど、

事情を説明したら「あぁ・・・」ってな感じで帰っていきました。 機内アナウンスを止めること出来ないしねsweat01

その後、泣き疲れて立ったまま寝たここちゃん。

大人はココでようやく女子トークタイムclock でも、近いのであっという間に着いてしまいましたーairplane

 

ホテルにチェックインした後、最初に向かったのは(私にとって)今回の旅のメイン目的である九份へ。

九份は台湾北部の新北市瑞芳区にある山間の町で、日本統治時代に金鉱山として繁栄しました。

しかし、その後主要鉱物だった金と石炭の生産量が減り続け、1971年に閉山。衰退の時代を迎えます。

お陰で、開発されることなく昔ながらの風景をそのままに残す街として再び脚光を浴びることになりました。

 

まずは腹ごしらえから。 今回はツアーに参加したので、自分で選んだお食事は一度もありませんsweat01

でも、どれも美味しくいただけたので、大満足でしたsmile

Dscf2300 Dscf2301

10名くらいで円卓を囲んでいただきまーすnote どれだけ取ったら良いかが悩ましい。。笑

6品くらいあったかな、ご飯はおかわり自由でしたriceball

 

お腹がいっぱいになったところで自由散策shoe

Dscf2302

お店の外に出たらもうこの景色shine テンション上がります~upupup

事前に地図をもらって大体の観光スポットの説明を受けていたので、まずは有名な景色を見ようと

階段を登ってみることに。

Dscf2311 狭い階段は観光客でいっぱいsign03

Dscf2319

とにかく、雨の多いエリアとのこと。階段を登り始めたころからポツポツと・・・rain

Dscf2338

ここは、映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったという噂が広まってから人気が高まった場所。

(後に宮崎駿監督はしっかり否定しているみたいですが・・・coldsweats01)

でも、この雰囲気、確かにあの湯婆婆の世界shine

Dscf2364

こちらが湯屋のモデルになったとされる阿妹茶酒館。いわゆるCafeですjapanesetea

雨が降ってきたこともあり、中で休憩しようとする人でいっぱいsign03

私たちはもっと階段を上がり、この辺りで一番古いという茶屋を覗いてみることに。

Dscf2374 九份茶房

カメラの設定によりかなりノスタルジックな仕上がりになってた(笑)

Dscf2375

少し奥へ進むと展望台があり、九份の街を一望できます。

Dscf2382

一通り観たところで、階段を下り、集合場所である茶屋で時間までお茶することに。

Dscf2388 まだまだすごい人・・

Dscf2409 Dscf2414

また訪れることがあれば、今度はこちらのお茶屋さんに入ってみたいと思いますjapanesetea

Dscf2434 Dscf2436

出発地点に到着~ここを少し抜けたところのお茶屋さん『水心月茶坊』が集合場所。

先ほど観てきた九份茶房のオーナーが手掛けるお店だそうです。これは間違いないsign03

Dscf2450 Dscf2454

名物という、ウーロン茶チーズケーキとクッキーをいただきました。

これがめちゃくちゃ美味しい~heart04 おかわりしたいくらいだった(笑)

Dscf2461 美味しお茶の淹れ方を伝授してもらいました

残ったお茶っ葉はお持ち帰り出来ます。

 

続く。

2014年11月 9日 (日)

年1回の恒例行事

なかなかblogが更新出来なかったのも、このお仕事があったから・・

事前準備からなんだかんだと、毎年のことだけどやはり大変でしたsweat02

Sarabeth'sでランチを食べた後は、成田エクスプレスで成田空港へairplane

車中でどうしてもPCを開いてお仕事をしなければならなかったのですが、

あまりの揺れっぷりに、初めて電車酔いしました・・shock

 

Cimg1088_2 空港へお出迎え

飛行機は遅れることなく無事到着airplane バスでホテルまで移動~bus

とっても素敵なドライバーさんで、

「もうすぐ左手にディズニーランドが見えてきますよ」と教えてくれたり

「レインボーブリッジを通った方が皆さん喜びますかねsign02」とかいろいろ聞いて下さったので

バス内でも東京観光を楽しんでもらえました。

 

ホテルに到着してからは、他地域から到着した現地からのスタッフと共に打ち合わせ。

夕食はホテルから徒歩圏内にある居酒屋”芋蔵 ”にてrestaurant

(日本の居酒屋へ行ってみたい人、たくさんいるみたいです)

Cimg1108 夜は上司が盛り上げてくれました

言葉の出来ない私はひたすらカメラマンとドリンクを運ぶ係に専念・・

偶然店内で出会った役員を囲んで外で集合写真camera

Cimg1114 会社にも近いから、利用者も多いみたいですcoldsweats01

 

翌朝、ホテルの方がサービスで付けてくれた朝食券は利用せず、、、部屋で一人朝食restaurant

Cimg1115

これまた大好きなTHE CITY BAKERY のマフィンとチョコレートクロワッサンnote

(昨年11月にOPENsign01品川に寄った時は必ず買って帰りますbread)

う~ん、贅沢heart01

 

皆さんが観光へ行っている間にオフィス内で夕方からの本番に向けた準備を着々と進め・・

Cimg1117 無事終了・・

その後はウェルカムパーティを開催。

今年の開催場所は~屋形船ship 船着き場まではみんなでバスで移動しましたbusdash

Cimg1174 勝どき橋からスカイツリーを目指して出発

隅田川を航行する屋形船会社はいくつもあり、ルートは大体同じです。 (スカイツリーorお台場で停泊)

違うのは出港場所が会社により異なることと、船の設備、お料理の内容かなflair 

今回は①出港場所がオフィスからバスで移動出来ること(且つ、渋滞にはまらないルートを行けること)

     ②予算内のお料理を提供してくれること

     ③貸切が出来ること

これを条件に選びました。 これが大正解sign03 素敵な業者さんに出会えましたーhappy01

 

私にとって人生初の屋形船。勝手が分からずドキドキshine

お料理はお刺身から始まり全8品。 天ぷらは揚げたてを順に持ってきて盛りつけてくれます。

Cimg1169 Cimg1171

スカイツリー付近で停泊すれば、屋上デッキにも昇ることが可能。

Cimg1196 全員屋上へ・・ 船内は誰一人いない・・笑

Cimg1202

屋上デッキから見えるスカイツリー。他にも何隻か屋形船が停泊していましたship

みんなスカイツリーをバックに写真撮影で盛り上がってました~camera いやぁ、、晴れて良かったsweat01

 

復路はカラオケ大会を開催karaoke

Cimg1223 若手社員によるOne Night Carnivalnotes

Cimg1292 デュエットもあり・・

最後はもっと歌いたい~sign03というところで到着し、盛り下がって終わるよりは良かったかな、と。

Cimg1303 下船したところで再び集合写真camera

 

船着き場からホテルまではそれぞれタクシーで移動cardash

到着後は行きたい人だけアンナミラーズへ行ったらしいです(笑)

 

私は東京でず~~~っとお世話になっていたお店が閉店してしまう、、ということで

同じマンションに住んでいた同僚と顔を出しに行き、深夜まで飲み明かし・・ホテルへ帰宅したのでしたhotel

 

私のミッションは翌日の片付けで終了。

あとは言葉の出来るスタッフに全てを任せ(事前準備や手配は私の担当。。)

心おきなくsign02 旅に出掛けたのでしたairplane

 

あーーー、、私は来年はこの役目を卒業し、誰かにお任せしたい・・bearing

2014年11月 8日 (土)

嵐の前の…

お仕事で忙しくなる前の景気付けに、念願のSarabeth's へ行ってきました~happy02

Cimg1081 Cimg1082

リニューアルしたATRE品川内に7月オープンsign03

N.Y.では朝食の女王”と呼ばれる人気レストラン、日本でも何店舗かあります。(ただし、全て東京・・)

是非是非行ってみたいと思っていたお店だったので、私が先に並んでおく、ということで

東京の同僚と待ち合わせ~・・11:30に待ち合わせたのに、、すでに店内は満員shock 

カウンター席ならすぐ案内してもらえるということだったので、カウンターへ案内してもらいました。

Cimg1084 落ち着いた店内

メニューは悩んだけれど、やはり王道エッグベネディクトから。

Cimg1085 Cimg1087

見た目少なそうだけど、ボリューム満点shine これだけでお腹いっぱいsign03

 

同僚は夏休み旅行@Noosaから帰ってきたばかりairplane

超マイナーだけど、私にとっては懐かしい場所でもあるので、お土産話を聞きながら

美味しいお食事をいただいたのでしたsmile

 

さて、ここからお仕事モードへ・・

2014年11月 5日 (水)

突然願いが叶う

週明け初日から東京だったため、前日入りしてお友達と遊ぶことにhappy01

何処へ行こうか悩んだ挙句、直前ではチケットが取れないし(当日券はあります)

とりあえず資料館だけでも行こうか~と、歌舞伎座前で待ち合わせ。

少し早く出て、東京駅をぷらぷらしてから有楽町⇒歌舞伎座まで歩いていくことにしました。

Cimg1051 最近よく寄る おかしランド

ぐりこやkitchenで、限定商品アーモンドチョコレートを購入moneybag (店内で製造された、出来たてホヤホヤheart04)

Cimg1080 Cimg1079

厚みのあるチョコレートに感激shine

 

久しぶりの銀座。SONOKOの看板が変わってたーsign03(⇒以前)

Cimg1052 かなりナチュラル系

どうやら2年前(2012年)にリニューアルしたらしい。。気付かなかったsweat01

 

ついでに三越でブラブラしていたら、お友達からメッセージmailto

『早めに着いたから当日券に並んでいたら、急遽観劇出来なくなった人が

 チケットを買いませんかsign02と声を掛けてくれたんだけど、どうする???』と。

お友達も一幕だけでも観れたらと並んでいたけれど、全幕でも問題無いとのこと。

ラッキ~note

急いで歌舞伎座へ向かいましたrun

Cimg1056

今月の演目。

Cimg1065

おぉ~sign03以前からずーーーーっと観たいと思っていた連獅子があるではありませんかっsign03happy02

入場する前に、三越へ幕間用のお弁当を買いに行き、いざ劇場内へ。

Cimg1069

TVで観たまんま。

建物は新しいけれど、歴史ある歌舞伎の風格を感じさせる趣ある劇場です。

Cimg1073 幕が終わる度に緞帳も変わります

1幕を終えたところでお弁当タイムrestaurant

Cimg1075 ”敬老の日”にちなんだ敬老弁当(笑)

あっさりとしたおかず&大好きなお赤飯。美味しくいただきましたsmile

 

第3幕まで見終えたころには外は真っ暗。

Cimg1076 21時近いし・・

久しぶりに会うお友達なのにゆっくりお話が出来てない、ってことで

新橋まで歩いてCafeでビールを飲みながら、閉店までの30分ほどお話をしました。

 

近況報告については不完全燃焼感あるけれど、念願の歌舞伎を見れて大満足note

何ともラッキーな一日でしたhappy01

2014年11月 4日 (火)

近場の大旅行

今年2回目の軽井沢sign01今度は大人8名&子供4名、大所帯での旅行でしたcardash

 

職場の保養施設を予約しようとしたけれど、リニューアル後は評判上々、

かなりの人気で予約が取りづらくなっています。

今回も予約開始当日朝9時に電話したのに、話中・・つながったときは既に満室wobbly

日程変更が難しかったので、あきらめて別荘1棟を貸切手配しましたhouse

Cimg0975 長期で滞在したくなるような別荘heart01 

当日お昼前に現地集合。(横浜/三重/愛知から集結sign03)

荷物を置いてからランチ⇒買い出しへbanana

軽井沢のツルヤ というスーパーは地元で採れた新鮮な食材から地元ワインやジャムなど

多くの食材が揃うので、車があれば必ず訪れたいお店の一つですnote

夜はBBQの予定だったので、BBQ用食材を買うつもりがあれもこれも買いたくなるよねぇ~sweat01

・・・意外と時間がかかりましたcoldsweats01

別荘に戻り、のーんびり過ごしている間にオーナーさんがコンロの火起こしをしてくれました。

Cimg0974 1時間くらいかけてたかな・・

正しい火の熾し方をすれば、着火剤やうちわは不要なんだそうです。

Cimg0971 Cimg0977

Dscn1176

お肉やハンバーグは某洋食店の大将が用意してくれました。絶品っshine

 
ずっと怪しいお天気だったけれど、何とかもってくれて、

食べ終えたころに雨が降り出すというタイミングの良さでしたsign01 良かったーsweat01

夜は屋内でビールを片手に語り合い・・wine 子供たちが寝た後は大人の時間を過ごしたのでしたhappy01

Dscn1172

薪ストーブがあったけれど、まだ使用の時期ではなくて使えず、、残念sweat02

 

翌日、朝は雨が降っていたけれど、お昼頃から晴れる予想。

子供たちは観光してもつまらないだろう、ということで子供班/大人班に分かれて行動しました。

子供班は少し離れたところにある おもちゃの王国 へ。

Dscn1225

別荘のオーナーさんから無料入場券を何枚いただいたので、あとはパスポート(乗り放題券)をプラスticket

園内は乗り物だけでなく、アスレチックやトランポリンなど、

時間がどれだけあっても足りないくらい、楽しめたみたいですhappy01

 

大人班は白糸の滝へcardash 

Dscf2211

Dscf2210_2

マイナスイオンをた~っぷり浴びてきましたclover

Dscf2222_2 Dscf2224

Dscf2223

ここでは岩魚の塩焼きをいただきましたfish カリっと焼けていて本当に美味しかったsign03

 

その後は旧軽井沢へ向かい、川上庵でしっぽり蕎麦ランチrestaurant 天せいろをいただきましたsmile

Cimg0994 Cimg0996

たまたま10分くらい並んで入れたけれど、出る頃には大行列sign03 運が良かったみたいですscissors

 

お腹いっぱいになったところで軽井沢銀座をぷらぷら散策して~shoe 

浅野屋でパンを大量に購入した後は、 

Cimg1002 まだまだ食べます、ミカドのモカソフトnote

これ、小さい頃お母さんが食べに連れて行ってくれた思い出の味heart01 やっぱり美味しいheart04

(私の中ではずっと”軽井沢=モカソフト”だった(笑)←他は何も覚えてないcoldsweats01)

 

 
その後再び合流し、みんなで軽井沢アウトレットへ。

既に時間も遅くなり、霧が出てきましたが、みんな買いたいものが買えて大満足note

(私は6月に大量買いしたばかりなので大人しくウィンドウショッピング・・)

 

最後は築地ハレの日でお寿司を食べて解散sign03

Cimg1010

お天気が良ければ芝生で遊んだり旧軽井沢別荘地を散策したりしたかったのですが、

微妙なお天気だったので叶わず・・(バドミントンやフリスビーを用意していた)またの機会ですねbearing

珍しく1年に2回も行く機会に恵まれた軽井沢。 今度はいつ行けるかなー・・

 

Cimg1008

2014年11月 3日 (月)

夏の恒例行事

Dsc_3572


毎年恒例、職場の仲間とビアガーデンへ行ってきましたbeer (今更ですが、8月の出来事です。。)

昨年は私も幹事の一人だったのですが、今年からは後輩に譲ったので 気楽に参加note

(ビアガーデンは天候に左右されるので、当日その時間まで気が気じゃないのですsad)

初めて行った、バドガールのいるお店sign01

Dsc_3569

学生時代に流行ったけれど、今でもあるんですね~ 知らなかったcoldsweats01 男性陣は大盛り上がりsign03

(バドガールのお姉さんはマスコット的にニコニコしているだけかと思っていたら、

 店員さんの制服的な位置付けなんですね、、かなり誤解してましたsweat02)

しかも、こんなところ でビアガーデンを開催しているなんて、知らなかったsweat01

Dsc_3568

お料理は・・元々期待していなかったけれど、まぁ、それなり・・ですね。

 

ビールを飲んで盛り上がった流れでカラオケへkaraoke

Dsc_3572_2

更に盛り上がったところで解散sign01

気楽に楽しめるってイイですね~note来年も後輩たちに頑張ってもらおうと思います。

お疲れさまでしたhappy01

2014年11月 2日 (日)

ママカフェ

2歳前後の子供と一緒にランチ~ 初めて行きました、ママカフェphotovel restaurant

”「写真」×「旅」をコンセプトにした北欧風デザイナーズ空間”という、

とっても気になるキャッチコピーのお店です。

Dsc_3581 Dsc_3582

この辺りって、昔はなーんにも無かったけれど、今はオシャレなCafeがたくさん。

小上がりマット席でいただきましたsmile

Dscf2043 同級生の二人

仲良いような、、でもまだ一緒に遊べていないような~・・

小上がりの席はゴロ寝赤ちゃん連れには良いと思いますが、

歩ける子供がいると逆に危ないかもしれません。(目を離した隙に落ちる可能性大・・)

ランチは美味しかったです~heart04(子供たちもいっぱい食べてたsign01)

私たちはこの後近くのアピタへ行き、子供たちが寝たところで続いてオトナの女子トーク会を開催。

久しぶりに食べたサーティワンが美味しかったですheart01

お友達の出産前(このときは臨月)に会えて良かった~note

2014年11月 1日 (土)

2014 夏休み⑮

いよいよ最終日。モーニングコールは7:45、9:30出発ですbusdash

この旅の中でもっと朝ゆっくり出来る日でしたhappy01 

(と言いつつも、最後の荷造りがあったので起きるのは意外と早かったりする。。)

P1070763_2 P1070760

今までの中で一番モダンな朝食でしたrestaurant 何故ならココは九つ星★★★★★★★★★

Cimg0805 あれ、、何かおかしくない・・・sign02

この日も体調が戻らない1名はホテルでお休み、残るメンバーで観光へ出発~

Topkapl Sarayal(トプカプ宮殿)へ向かいますbus

P1070768 入口(皇帝の門)横はアヤソフィア

P1070773 向かいにはアフメット3世の泉

1728年に建てられた公共の水飲み場です。

P1070781 1748年に建てられた皇帝の門から中へ

こちらが全体の模型図downwardleft

P1070788

P1070786

現地ガイドのギョクハンさんの説明は分かりやすくて、とっても勉強になりましたpencil

ここからHAREM(ハレム)に入ります。

P1070791 男性禁制の場所

歴代の皇帝たちが1番目から4番目までの妻(妾)を住まわせた、日本でいう大奥のような場所。

出身地や民族を問わず、様々な女性がここへ連れてこられたそうです。

彼女らの運命は男子を生めるか否かにかかっており、息子を産めば将来の地位と権力が約束されたため

凄まじい女の戦いが繰り広げられた、とか・・ 日本と全く同じですねcoldsweats01

P1070806 ハレムの管理は黒人宦官が担っていました

(何故なら、、浮気したらすぐ分かるから、ってことらしいです。怖ぃ~wobbly)

P1070803

ハレムの中は、タイルで飾られた天井と壁があるだけで調度品は無く、豪華なのに殺風景。

P1070858 P1070859

P1070841

P1070848

P1070871

P1070878 外のタイルも美しい

一通り説明を受けた後は、一旦解散し自由散策shoe

財宝や衣装などを集めた宝物館へ向かいました。

ここには、86カラットのダイヤモンドや重さ3kgのエメラルド(トプカプの短剣)が展示されており

よく盗まれずにココに残っていたな、と。(宝飾品は写真撮影不可ngのため写真はありません)

これから先見ることが無いであろう、とにかく大きなダイヤモンドとエメラルドを見て、

感動しましたが、溜息しかありませんでした。何だろう、この感情coldsweats01sweat01

テラスから望むボスポラス海峡downwardleft 昨日は逆(海峡側)からの景色を眺めてたんだな~と。

P1070891

P1070902

中庭からは金角湾、ガラタ橋も見えます。

P1070926

ボスポラス海峡と金閣湾、マルマラ海を一望できる丘の上に位置する絶好のロケーション。

多いときには約4,000人もの従者らが暮らしていたそうです。

 

その他、謁見の間や王の私室なんかも見学しましたが、どこも同じようにしか見えない・・

ので、ここでは割愛させてもらいます。。

 

続いて、Misir Carsisi(ムスル・チャルシュス)と呼ばれるエジプシャン・バザールへmoneybag

P1070966 ガラタ橋のすぐ近くにある市場

その昔、エジプトからの貢ぎ物を集めて経営されたことにちなんで、エジプシャンバザールと

呼ばれているそうです。

かつて90軒近くの香辛料店が並んでいたことから香辛料市(スパイスバザール)とも呼ばれているそうです。

その名のとおり、

P1070970

P1070979

スパイスの量り売り店がたくさん。それ以外にも、

P1070980 P1070973

パシュミナや鮮やかなタイル(陶器)のお店も多く並んでいました。

昨日のグランバザールに比べると、庶民的な雰囲気。大勢のお買い物客でにぎわっていました。

P1070969

面白かったのが客引き。

「お姉さん、日本人sign02」と聞かれたので(日本語)、「そうです~」と答えたら、

「キレイだね、五月みどりみたい」と。 え・・・・え・・・・え、、、えぇ~wobblysign02

あの、、、ワタシ、、、まだ30代ですがshock

もちろん、言った本人は”五月みどり”さんがどんな方か知らず、

褒め言葉の一つとして覚えているだけなんでしょうけど、、使い方、間違ってませんsign02

か、、理解の上での発言なら相当ショックなんですけど~~~downdowndown

客引きって面白いですねsweat02

(ちなみに、韓国の空港免税店では100%の確立で韓国語で話しかけられるワタシです)

ココでは値引き交渉してパシュミナと、お土産のナザール・ボンジュウを大量に買い込みました。

やっとエンジンかかったsweat01

 

そんな中、お買い物はせず、ガラタ橋(バザールの通り挟んだ向かい側)まで行き、

名物さばサンドを購入してきたというツアーの方からおすそ分けをいただきましたfish

P1070982

わ~い、時間が無いと思って諦めてたんだよね、ありがとうございますnote

ほんの一口だったけど、味が濃くて(塩味)とっても美味しかったですsmile

 

トルコで食べる最後のお食事タイムですrestaurant

P1070984 バザール内レストランにて

かつてオードリヘップバーンも訪れたというお店で、壁にはそのときの写真が飾られていました。

P1070995

ここで最後の乾杯beer

P1070986 P1070988_2

 
P1070993 トルコ郷土料理の数々

美味しくいただきましたsmile

 

観光はこれにて全て終了。空港へ向かい、ギョクハンさんとはここでお別れ。

最後に一緒に写真を撮ってもらいましたcamera

チェックインを済ませたら、、出発が1時間遅れるとのこと。

免税店で無駄にお買い物しすぎてしまいましたが・・・coldsweats01 無事成田へ向け出発~airplane

P1080005 最後のEFESビールbeer

P1080006 P1080008

機内でお隣になったのが、別のツアーでトルコ&ギリシャを10日間かけて周った、という方で

いろいろとお話を聞かせていただきました。

何と、、、リタイア後毎月のように海外旅行に出掛けているそうでwobbly 羨ましい限りです・・

その方には、

「もちろん年金だけでは生活していけない、ましてや遊ぶお金なんて出てこないのだから

 働いているうちに、リタイア後のことも考えて、遊べるお金も毎月用意出来るような準備しないとね」

と、アドバイスsign02を受けました。

旅行は奥さまとは行かず、旅仲間や一人でツアーに参加することが殆どだそうです。

・・勉強になりましたconfident

 

成田に到着したら、ここでツアー参加者及び添乗員さんとお別れ。

名古屋便に乗る3組だけで、名古屋便のチェックインへ向かいました。

そこからが長かった・・・ 成田到着は10:25、名古屋便発は16:55。(最終的には1時間遅れ。。)

お買い物したり、マッサージへ行ったりしたけれど、それでも時間をもてあまし、、

最後は雑誌を購入してひたすら読んでました。電車で帰るべきだったのかなぁ・・悩むところですsweat02

 

名古屋から参加のご夫婦2組も素敵な方々で、いつかまた何処かで会うことがあるかもしれない、と

いつも期待をしています。(利用するショッピングモールが被ってた(笑))

 

『一期一会』だけど、長い間時間を共にして、色々な情が生まれやたら親近感が湧いてしまったのも

皆がとっても良い方々だったからこそ。

ツアーに参加するときはイヤな人がいたらどうしよう、、とかネガティブに考えていましたが、

そんなことは全く無くて、いろいろな意味で恵まれた旅をすることが出来ました。

今回の旅行に参加することで、ツアーに対するハードルが下がったことは間違いない。

基本、自分で計画する旅が好きだけれど、利便性や条件によっては参加しても良いな、と

思えるようになりました。

連れて行ってもらう旅は地理的なことが頭に入らず、こうやってblogに纏めながら理解することも多く

それは反省点ではありましたがcoldsweats01

 

途中、何度もめげそうになった旅行記ですが、無事書き終えることが出来て一安心note

(4,000枚近く撮影した中から写真を選ぶだけでも一苦労だったsweat01)

日々の出来事が2カ月ほど遅れていますが、少しずつ更新していきます。

終わり。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »