« 嵐の前の… | トップページ | 久しぶりの台湾① »

2014年11月 9日 (日)

年1回の恒例行事

なかなかblogが更新出来なかったのも、このお仕事があったから・・

事前準備からなんだかんだと、毎年のことだけどやはり大変でしたsweat02

Sarabeth'sでランチを食べた後は、成田エクスプレスで成田空港へairplane

車中でどうしてもPCを開いてお仕事をしなければならなかったのですが、

あまりの揺れっぷりに、初めて電車酔いしました・・shock

 

Cimg1088_2 空港へお出迎え

飛行機は遅れることなく無事到着airplane バスでホテルまで移動~bus

とっても素敵なドライバーさんで、

「もうすぐ左手にディズニーランドが見えてきますよ」と教えてくれたり

「レインボーブリッジを通った方が皆さん喜びますかねsign02」とかいろいろ聞いて下さったので

バス内でも東京観光を楽しんでもらえました。

 

ホテルに到着してからは、他地域から到着した現地からのスタッフと共に打ち合わせ。

夕食はホテルから徒歩圏内にある居酒屋”芋蔵 ”にてrestaurant

(日本の居酒屋へ行ってみたい人、たくさんいるみたいです)

Cimg1108 夜は上司が盛り上げてくれました

言葉の出来ない私はひたすらカメラマンとドリンクを運ぶ係に専念・・

偶然店内で出会った役員を囲んで外で集合写真camera

Cimg1114 会社にも近いから、利用者も多いみたいですcoldsweats01

 

翌朝、ホテルの方がサービスで付けてくれた朝食券は利用せず、、、部屋で一人朝食restaurant

Cimg1115

これまた大好きなTHE CITY BAKERY のマフィンとチョコレートクロワッサンnote

(昨年11月にOPENsign01品川に寄った時は必ず買って帰りますbread)

う~ん、贅沢heart01

 

皆さんが観光へ行っている間にオフィス内で夕方からの本番に向けた準備を着々と進め・・

Cimg1117 無事終了・・

その後はウェルカムパーティを開催。

今年の開催場所は~屋形船ship 船着き場まではみんなでバスで移動しましたbusdash

Cimg1174 勝どき橋からスカイツリーを目指して出発

隅田川を航行する屋形船会社はいくつもあり、ルートは大体同じです。 (スカイツリーorお台場で停泊)

違うのは出港場所が会社により異なることと、船の設備、お料理の内容かなflair 

今回は①出港場所がオフィスからバスで移動出来ること(且つ、渋滞にはまらないルートを行けること)

     ②予算内のお料理を提供してくれること

     ③貸切が出来ること

これを条件に選びました。 これが大正解sign03 素敵な業者さんに出会えましたーhappy01

 

私にとって人生初の屋形船。勝手が分からずドキドキshine

お料理はお刺身から始まり全8品。 天ぷらは揚げたてを順に持ってきて盛りつけてくれます。

Cimg1169 Cimg1171

スカイツリー付近で停泊すれば、屋上デッキにも昇ることが可能。

Cimg1196 全員屋上へ・・ 船内は誰一人いない・・笑

Cimg1202

屋上デッキから見えるスカイツリー。他にも何隻か屋形船が停泊していましたship

みんなスカイツリーをバックに写真撮影で盛り上がってました~camera いやぁ、、晴れて良かったsweat01

 

復路はカラオケ大会を開催karaoke

Cimg1223 若手社員によるOne Night Carnivalnotes

Cimg1292 デュエットもあり・・

最後はもっと歌いたい~sign03というところで到着し、盛り下がって終わるよりは良かったかな、と。

Cimg1303 下船したところで再び集合写真camera

 

船着き場からホテルまではそれぞれタクシーで移動cardash

到着後は行きたい人だけアンナミラーズへ行ったらしいです(笑)

 

私は東京でず~~~っとお世話になっていたお店が閉店してしまう、、ということで

同じマンションに住んでいた同僚と顔を出しに行き、深夜まで飲み明かし・・ホテルへ帰宅したのでしたhotel

 

私のミッションは翌日の片付けで終了。

あとは言葉の出来るスタッフに全てを任せ(事前準備や手配は私の担当。。)

心おきなくsign02 旅に出掛けたのでしたairplane

 

あーーー、、私は来年はこの役目を卒業し、誰かにお任せしたい・・bearing

« 嵐の前の… | トップページ | 久しぶりの台湾① »

Business」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵐の前の… | トップページ | 久しぶりの台湾① »