« 2012GWの旅【4日目①:ナポリ観光】 | トップページ | 2012GWの旅【5日目:ナポリ⇒フィレンツェ移動とピサ観光】 »

2012年5月13日 (日)

2012GWの旅【4日目②:ナポリ観光】

先日、②の記事をほとんど書き終えたところで、PCが突然の再起動・・・

せっかく書いた記事が全部消えた~bearing ものすごいショックでなかなか立ち直れずにいましたdown

が、この続きを書かないと、最近の出来事も書けないので頑張って書きますsign03

 

 

さて、ランチのところから。

この日訪れたのは、ナポリピザの名店L'Antica   Pizzeria da Michele

Cimg1813 Cimg1812

1870年創業、大理石のテーブルからピッツァの作り方まで100年以上続くスタイルを変えない老舗。

今では様々な媒体で紹介される有名店です。

まずはレジで人数を告げ、番号の書かれた紙をもらいます。

Cimg1767_2 青の01番

この紙、99番まであり、私がこの用紙をもらった時点でまだ前の色(緑)の30番台。

どれくらい待つか店員さんに聞いたところ「1時間くらい」との回答だったので、

近くのお店でお茶をするにもよく分からないし、、とお店の前で待つことにしました。

お店がある程度空くと店員さんが番号を呼びに来てくれるのですが、

この番号、(当然と言えば当然ですが)イタリア語で呼ばれます。

イタリア語の数字・・実はスペイン語と似ているのでスペイン語を勉強していた私は

何番を呼んでいるかが意外と分かって、意外なところで役立ったことに感動した次第(笑)

 

ここで待つこと1時間45分・・・ ようやく呼ばれたときには次の色の40番近くの紙を配っていたので

100組以上の人たちが待っている計算。 すごい人気っぷりsign03

 

店内はいたって普通。

Cimg1819 Cimg1832

ジュリアロバーツ主演映画『食べて、祈って、恋をして』の舞台にもなっているので、

壁にはサインが飾られていました。 

Cimg1827 Cimg1824

これ以外にも、マラドーナ(ナポリのチームに所属)や、よく分からない偉そうな人たちの写真がたくさん。

歴史を感じます。

 

職人さんたちがピザを焼く姿を目の前で見る事も出来ます。(みんな写真を撮っていたcamera)

Cimg1826_2
ピザの記事を伸ばして具を載せる人、焼く人、焼けたピザをお皿に受けて配膳する人・・

すべてが流れ作業で行われています。

Cimg1831カメラ目線をしてくれたおじさん。

 

Cimg1823 ピザは2種類。

”マルゲリータ”:モッツァレラチーズとバジル、トマトソース、

”マリナーレ”:トマトソースにニンニク、オレガノ

どちらも普通サイズ(ノーマル)は€4。 ドリンクはビールもソフトドリンクも€2。安いですsign01

 

1枚ずつ頼んだところ、最初に出てきたのがこちらマリナーレ。

Cimg1833

ガーリックの良い香りが目の前に広がります。

そして、ピザの王道マルゲリータ。
 

Cimg1836

モッツァレラがとろ~んと溶けて、見るからに美味しそうheart04

このピザ、普通サイズだけどとても大きいsign01

Cimg1837 私の手と比べるとこんな感じ。

モチモチで(これ、初体験の域sign03)、生地は少し厚め。 カリっと感もあるシンプルなピザ。

でも、とーーーーーっても美味しいsign03 これならみんなが何時間も並ぶのは納得・・・(しかも安いsign03)

美味しくいただきましたdelicious

 

お腹いっぱいになったところで、ナポリの下町スカッパナポリ散策へ。

「スパッカ」とは「切る」という意味だそうで、ナポリを真っ二つに切ると言う意味。
ナポリの旧市街を西から東へ伸びるこの全長約3キロ強の通りが町を二分しています。
この通りの両側に数々の教会や邸宅、商店が建ち並んでいます。
Cimg1846 Cimg1852


ゴチャゴチャした道を抜けて、たどり着いたところは・・・
 
Cimg1859
大きすぎて画面に収まっていない、、、ドゥオーモ。
 
毎年5月の第一土曜日、9/19、12/16には小さな壺に納められた聖ジェンナーロの血液が液体化する、
というミステリアスな教会。(そんなことがあるのかsign02と思いますが・・・)
 
Cimg1867
内部は110本の円柱を基礎に3廊に分かれています。
Cimg1869
高い天井には木製のカンパス画がはめ込まれています。
 
 
Cimg1876ジロラミーニ教会
1592~1619年にかけて、トスカーナの古典主義をモデに建築された教会。
 
 
Cimg1885 サン・パオロ・マッジョーレ教会
階段上にある円柱はローマ時代のものsign01
 
 
 
 Cimg1886 サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会
古代ローマ時代の建造物の上に13世紀の教会が建築された、という面白い教会
 
 
 
 
街を散策していると、地元のいろいろな香りが感じられて面白いです。
Cimg1841確かに安い八百屋さん。
 
Cimg1879 Cimg1912
パスタ専門店や古本屋があったり。
ゴチャゴチャした通りに人通りは多いけれど(それだけにスリも多いらしい・・・)
気をつけて歩けば面白いトコロです。

 
 
Cimg1915
ダンテ広場とポルタルバの門
16世紀後半に市場があった場所。 ダンテ像は1872年に設置されたもの。
 
 
 
スカッパナポリを一通り歩いたところで、ホテルへ戻り一休憩しながらナポリ最後のディナーを計画。
せっかくだから、地元の美味しい魚介類が食べられるところへ行くことに。
 
 
まずは、港に寄って昼間見たクルーズ船を見学しようと出掛けたら、、、まさに出港したところに遭遇sign03
 
Cimg1934
途中、利用者以外は入れない地域があったのですが、
「写真を撮りたいの・・」と言ったら入れてくれましたcoldsweats01
Cimg1938
猛ダッシュで桟橋へ駆け寄り、写真を撮影。もっと至近距離で見たかったのになぁ・・・
 
港からはヌオーヴォ城の横を通ってお店へ。
 
Cimg1951 Cimg1961
既に20時近くだけど、こんなに明るいのも不思議な感じ。
Cimg1970
 
で、出掛けたお店ですが・・・なんと無くなっていたshock
 
 
最後は豪華に地元料理で・・と思ったのになぁ~ホテルで食べるか。。。と戻っていたら
レストランの客引きに合い、「シーフードパスタあるsign02」と聞いたら「あるsign03」と即答するので
そこで食べることに。
 
 
Cimg1977_2
こんな噴水を眺めながら食べられる、地元のオープンレストラン。
Cimg1984 Cimg1980
店員さんオススメの白ワインで乾杯wine
Cimg1988 Cimg1989
フリットも、パスタも美味しかったけれど、
 
Cimg1991コレ、すごくおいしかったheart01
 
最後の夜はやっぱり新鮮な魚介類で終了したのでした。
 
 
この日の歩数は25,426歩でしたーshoe 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

« 2012GWの旅【4日目①:ナポリ観光】 | トップページ | 2012GWの旅【5日目:ナポリ⇒フィレンツェ移動とピサ観光】 »

Overseas travel」カテゴリの記事

コメント

イタリアいいな~~☆☆heart01
(私には感動と同時に痛い思い出の地でもあるけど(笑))

料理は南の方がおいしいって聞いたことあるけど、そうなのかな??
ナポリのピザが食べてみたいlovely

また久々に集まろう~cafe
うちにでもgood
写真いっぱい見たいよ~happy01

>さおり
そうだよね、、だから常に緊張感を持って過ごしてたよー
ご飯はやっぱり南の方が美味しいsign03←間違いない。
うん、久しぶりに集まりたいね~メールするっloveletter

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012GWの旅【4日目①:ナポリ観光】 | トップページ | 2012GWの旅【5日目:ナポリ⇒フィレンツェ移動とピサ観光】 »